活動ブログ

よしの正英の想いを綴る =よしのノート2=

2019.07.16

【障がい者雇用への想い】

 

8年近く、障がい者の就労支援のお手伝いをして、
多くの人に出会いました。

あるお母さんは、「子供が就職してくれたことも嬉しいけど、
何より働くことで納税できたことが嬉しい。
これまで支援を受けてきたけど、どこか後ろめたい気持ちが
あったけど、働いて納税してこれで支援を受けてた恩返しが
少しでもできたと思うと嬉しい」と語りました。

それぞれの家庭の考えがあると思いますが、後ろめたさを感
じるながら支援をうけるつらさを考えるとお母さん
の気持ちが晴れてよかったとも思えた、嬉しい一言でした。

そうかと思うと、就労先を2か月ほどで辞めてしまった息子
さんについて、「やっぱりこの子には、一般就労は無理なの
ね」とおっしゃる方もいました。

しかし、健常者であっても、合わないと思ったら仕事を転職
する時代です。いくつも仕事を替わる方もいる。

そんな時代でも、障がい者就労の場合は、一度仕事が続かない
と「もうダメだ」とあきらめてしまう。

どこかに就労することが一番だ、就労できないともうダメだ。
そんな雰囲気が漂っているようで。

もちろん、本人の自立を促していくことは大切です。
しかし、それぞれの成長に合わせて就労のタイミングを
進めていくことも大事だし、一度の失敗で諦めずに、どうして
その会社が合わなかったか、よりきめ細やかな
対応が必要だと強く思います。

国も障がい者就労に関しては、就労移行や就労継続だけでなく、
就労移行に移る前の段階の生活支援をもう少し充実して利用し
やすいものにすべきと考えます。

ご支援・ご協力お願いします!

よしの正英  後援会 510-8014 三重県四日市市富田4丁目2-1 2F TEL 059-363-6364 FAX 059-363-6364